• 著者:宮沢賢治(みやざわ けんじ)
  • ジャンル:ファンタジー/寓話/童話
  • 発行:新潮文庫
  • カバーデザイン:加山又造(かやま またぞう)
  • 初刊:1989-06-15
  • 原文:1934

目次

  • 双子の星
  • よだかの星
  • カイロ団長
  • 黄いろのトマト
  • ひのきとひなげし
  • シグナルとシグナレス
  • マリヴロンと少女
  • オツベルと象
  • 猫の事務所
  • 北守将軍と三人兄弟の医者
  • 銀河鉄道の夜
  • セロ弾きのゴーシュ
  • 饑餓陣営
  • ビジテリアン大祭

ものがたり

銀河鉄道の夜

母と姉と暮らすジョバンニは、病気の母を支えるため学校帰りに仕事をするという生活だった。
学校で父親がいないことをからかわれてしまうけど、幼い頃から仲の良かったカムパネルラだけは気遣ってくれていた。
銀河のお祭へと出かけたジョバンニは同級生の子に出会うと、いつもの様にからかわれて、その集団の中にカムパネルラの姿を見つけてさらに寂しくなってしまい誰もいない丘で一人になった。
夜空の星を眺めていると不思議な感覚におそわれて、気がつくと列車に乗っていた。
なぜかそこに乗っていたカムパネルラと一緒に銀河鉄道の旅が始まる。

関連作品

特に関係のある作品を紹介。赤文字がこのページで紹介している作品。

  • 【DVD】宮沢賢治 銀河鉄道の夜/KAGAYA(2007-02-23)プラネタリウム化された作品。
  • 【CD】銀河鉄道の夜/久石譲(1996-07-20)久石譲が描く銀河鉄道の夜。
  • 【文庫】新編 銀河鉄道の夜/宮沢賢治(1989-06-15)